乳がん術後の定期健診、検査について。乳がん手術後3年間は特に定期的な健診が必要になります【乳がん検診.com】
飾り線

術後、定期健診

手術後3年間は3~6カ月ごとの検診が必要です

手術で乳がんをとりきれたと考えられる場合でも、再発・転移が起こらないとは限りません。また、手術をしていないほうの乳房にがんが発生することもあります。ですから、毎月1回は自己検診が欠かせませんし、医療機関での定期的な検診も必要です。

手術後3年間
3~6カ月ごとに、問診、視触診
その後2年間
6~12カ月ごとの、問診、視触診
それ以降
年に1回の問診、視触診
その他
年1回マンモグラフィー検査

定期検診は手術を受けた医療機関で受けるのが望ましいといえますが、通院がむずかしい場合は、乳腺外科のあるほかの医療機関で受診しましょう。

年1回のマンモグラフィー検査

手術をしていない側の年に1回のマンモグラフィーと超音波検査が行われます。マンモグラフィーを行うことで、視触診だけの場合より早い段階で、乳がんが発見できます。しかしながら、乳房温存療法をした側の乳房のマンモグラフィーは有用性が証明されていません。

機器による定期検診は最小限に抑える傾向

血液検査は、少量の採血でいろいろなデータが得られることから行われます。特に抗がん剤を授与しているときは、骨髄機能低下が起こっていないかチェックするために、白血球数や血小板数を調べたり、薬の代謝を行っている肝臓に影響が出ていないか、肝機能を調べたり、腫瘍マーカーを行います。また、胸部X線検査、骨シンチグラフィーが行われる事もあります

スポンサードリンク

ページの先頭へ