乳がんの治療方法は、乳房切除術、乳房温存手術に大別されます【乳がん検診.com】
飾り線

乳がん治療の方法

乳がんの手術法は、乳房切除術、乳房温存手術に大別されます

乳がん治療の基本は、乳房にできたがんを切除する事になります。腹痛を中心としたまわりの組織を同時に切除しますが、切除される組織の範囲は乳がんの進行状態によって異なります。一般的には、早い時期に見つかった乳がんほど、切除する範囲が狭くて済みます。

乳がん手術の2つの方法

乳房切除術=乳房をすべて切除する方法、
乳房温存手術=乳房の一部を切除する方法

リンパ節郭清

リンパ節郭清とは、がんの周囲のリンパ節を取り除く事です。、乳がんの進行程度を検査し、手術後の補助療法の方針を決めたり、再発の可能性を予測するために、乳がん手術の際には、リンパ節郭清が行われます行われます。

切除範囲

乳房にできたがんとそのまわりの組織を、手術でできるだけ広く徹底的に切除すれば、乳がんの再発を防ぎ、生存率を高められると考えられていましたが、乳がんに関する長年のデータを検討した結果、乳房を切除する範囲が大きくても小さくても、生存率にはほとんど影響がないことが確認されました。
現在では、乳がんは乳房の疾患というよりは、早い時期から全身に起こる疾患であるととらえられています。ですから治療を開始した時点で、体のどこかに転移しているかいないかで、生存期間が決定されると考えられています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ