乳がんステージ/病期(TNM分類)について【乳がん検診.com】
飾り線

乳がんステージ/病期(TNM分類)

Tis期 非浸潤がん(乳がんが、乳管、小葉の中にとどまっている段階で、体の他の部位に広がっていないがん)  
0期 視診や触診、画像診断で病変部を確認できない乳がんで、リンパ節転移や遠隔転移もない癌。
Ⅰ期 しこりの大きさ2㎝以下で、リンパ節やほかの臓器に転移がないと思われる状態
Ⅱ期 しこりの大きさ2~5㎝まで、脇の下のリンパ節への転移がないか、個数がすくなく、遠隔転移がない
Ⅲa期 しこりの大きさ5㎝以上、脇の下のリンパ節に転移があるもの、5㎝以下でも、転移した脇の下のリンパ節がかたまりになっている癌で、遠隔転移がない
Ⅲb期 しこりの大きさに関係なく、しこりが胸壁に固定しているか、皮膚上に現れ、ただれ、むくみがある状態、胸骨のわきのリンパ説に、転移がある状態で、遠隔転移がない
Ⅳ期 しこりの大きさに関係なく、遠隔臓器に転移している状態。

ステージ別、治療方針

Tis期

微細石灰化の範囲が一部に限定されている場合は、乳房温存療法が可能です。微細石灰化が広範囲に及ぶ場合は、非定型乳房切除術となります。切除する組織型の違いによって手術方針が異なる場合もあり得ます。

Ⅰ期

患者さんの希望により、治療法が選択されます。
①乳房温存手術に続き、わきの下のリンパ節(腋窩リンパ節)を検査のために切除し。手術後、放射線照射を行う。②非定型乳房切除術を行い、わきの下のリンパ節を検査のために切除。

Ⅱ期

患者さんの希望と病態により、治療法が選択されます。
①しこりが小さい場合は、乳房温存手術を行い、わきの下のリンパ節を検査のため切除します。手術後、放射線照射を行います。
②しこりが大きい場合は、非定型乳房切除術を行い、わきの下のリンパ節を検査のために切除します。
③しこりが大きい場合でも、化学療法などの術前補助療法を行い、しこりが小さくなれば、乳房温存療法が可能です。
④がん細胞が胸筋を侵している場合は、定型乳房切除術を行います。

Ⅲa期

患者さんの希望と病態により、治療が選ばれます。
①非定型乳房切除術、または定型乳房切除術を行います。
②手術の前後に放射線照射を行うこともあります。
⑨希望により乳房温存手術の可能性を求めて、手術の前に化学療法やホルモン療法を行う場合もあります。以上、I期からⅢa期では、手術で切除された乳がん組織の大きさ、ホルモン受容体の有無、組織型などの転移の状況、閉経の有無などによって、術後補助療法として化学療法、ホルモン療法が行われます。原発病巣を手術するときに、切除したわきの下のリンパ節を顕微鏡で調べ、転移したリンパ節がいくつあるかによって、手術後の補助療法の方針を決めたり、再発の可能性を予測することが一般的に行われます。

Ⅲb期

がんがかなり進行しているので、まず化学療法、全身療法が行われるのがふつうです。その後、手術や放射線療法を行います。手術は非定型乳房切除術、または定型乳房切除術が行われます。
Ⅲb期では、化学療法、ホルモン療法、放射線療法が治療の中心となります。炎症性乳がんの場合も同様です。

Ⅳ期

がん細胞が転移しているので、原発病巣とともに、転移した病巣の生検を行います。治療法としては、化学療法、ホルモン療法、放射線療法が治療の中心となります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ