組織診(マンモトーム生検)について【乳がん検診.com】
飾り線

乳がん検診の組織診(マンモトーム生検)

小さな傷で確定診断が可能な針生検,しこりや石灰化などの組織をとり出して、がん細胞があるかどうかを顕微鏡で調べる検査が組織診

針生検と摘出生検(外科生検)があり、いずれの方法も局所麻酔をしてから行います。針生検は、摘出生検に比べて傷が小さく、縫合の必要もなく、乳房の変形も起こりません。生検には針生検と、外科的に切開して組織をとる摘出生検とがあります。体に与える影響が大きい摘出生検はあまり行われなくなっています。針生検で使われる針は、細胞診の針よりは太く、鉛筆の芯ぐらいありますから、行うときは局所麻酔が必要です。

針生検(はりせいけん)

局所麻酔をしてから、太めの針を用いて組織の一部を取ります。しこりを手で触れにくいときは超音波で観察しながら行います。

外科生検(げかせいけん)

手術でしこりをくりぬいて取る「検査」です。取りきれていればこれが「治療」ともなるため、取り残しなく行います。

マンモトーム生検

うつ伏せに寝て、マンモグラフィーの要領で乳房をはさみ、Ⅹ線撮影します。その結果、マンモグラフィーと同じ画像が得られ、そこで得られた画像をコンピュータで3次元処理し、病変の位置を特定し、画像を見ながら針を誘導して病変の組織だけを間違いなく採取できるようにしたシステムをマンモトーム生検といいます。通常の針生検よりは太い針を使いますが、先端には溝がついており、患部に刺した後、内刃が動いて組織を切りとり、それを吸引してとり出します。1回の穿刺で何回でも吸引でき、小さいしこりなら、全部とり切ってしまうことも可能です。通常30分ほどかかり、その間ずっと乳房を圧迫し続けるのが難点といえば難点です。8割が良性、悪性は2割です。さわってもわからない小さな病変に対してマンモトーム生検は特に有効です、最近保険も適用されます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ