乳がん治療のセカンドオピニオンについて【乳がん検診.com】
飾り線

セカンドオピニオン

セカンド.オピニオンとは、ほかの医師の意見を聞き、参考にする事です。

セカンドオピニオンとは、最初の主治医の説明や、診断・治療法選択に納得できなかったり、確認したいことがあるとき、もっといい選択肢があるのではないかと考えた場合に、ほかの医療施設で医師の診察・検査を受け、意見を求める事です。治療を受けるには、患者さん本人が十分に納得していることが何よりも大切です。
納得しないまま不安な気持ちを引きずって治療を続けるのは、精神的なストレスになります。主治医、担当医とよく話し合っても、納得できない場合は、積極的にほかの医療施設を受診することを勧めます。セカンド・オピニオンを求める場合は、主治医に、これまでの経過・病状などを書いた紹介状を書いてもらってください。画像検査のフイルムもコピーしてもらうことができれば、再度検査をする手間や時間が省けます。また、最初に受診した病院の主治医の診断は「ファーストオピニオン」、3人目の医師に意見を聞くのは「サードオピニオン」といいます。

セカンドオピニオンを求めよう

セカンド・オピニオンを求める患者さんを、原則的にどこの医療施設でも受け入れてくれるはずです。ただし、患者さん自身に乳がんという病気について、診断法、治療法などの基本的な知識が備わっていないと、自分の意見を持つことが困難になります。あまりに沢山意見を聞くことで、かえって迷ってしまう事もありますので注意が必要ですセカンド・オピニオンを求めるには、まず知識を備えて、賢い患者さんになりましょう。

カフェの絵2.jpg

スポンサードリンク

ページの先頭へ