乳がん治療後の為のパッドや人工乳房について【乳がん検診.com】
飾り線

パッド、人工乳房

手術後の乳房を元どおりに近い形にととのえるための補整具(パッド、人工乳房)がいろいろと市販されています。人によって乳房を切除した位置や範囲、元の大きさや重さが違うので、慎重に検討して自分の状態に合ったものを選ぶことが大切です。パッドや人工乳房の素材は、ウレタン、シリコン、コットンなどがあり、それらを組み合わせることで、それぞれの製品の特徴を出しています。既製品からオーダーメードまでさまざまなタイプがありますが、最近は各メーカーとも豊富なサイズを用意しているので、たいていの場合、既製品の中から自分に合うものを見つけることができそうです。メーカーでは専門のアドバイザーをおいて、個々の患者さんの希望に合ったものを選べるよう相談に乗っています。医療機関にもパンフレットが備えられているので、医師や看護師に相談してみるとよいでしょう。

素材別製品特徴

ウレタン製

ウレタンを主にした製品は、軽いことが特徴です。ブラジャーの内側ポケットに入れて使います。安定感に欠ける、すなわち、軽いためにずり上がりやすいという難点がありますが、その半面、肩こりや腕のむくみが気になる人には負担が少なく、つけていて楽だという長所もあります。

シリコン製

シリコンを主にしたものは、本物の乳房に近い感触が得られること、切除した部位と同じ重さのものを選ぶことができるなど、より実物に近いことが特徴です。シリコン製には、ブラジャーの内ポケットに入れて使うパッドタイプのほかに、肌に直接はって使う人工乳房があります。人工乳房は、粘着プレートを使って装着するタイプと、パッド裏側の装着面が粘着式のシリコンジェルでできていて、そのまま直接肌に接着させることができるものとがあります。

人工乳房

人工乳房は、本物により近い自然な動きや感触を出すために、乳房の表面部分には実際と同じようにやわらかい材質のシリコンを使い、肌に当てる裏面には安定感を出すためにかたいシリコンを使うなどの工夫がされています。人工乳房を肌にじかに装着しているときは、上からブラジャーを着用します。また、水泳をしたり、激しい運動をして多量の汗をかいたりするときには、シリコンの粘着力が低下することがあるので、直接装着せず、ブラジャーのポケットに入れたり、専用水着のポケットに入れたりして使います。装着したままの入浴は避けたほうがよさそうです。

布製パッド

布製のパッドは、安価で温かみがあります。
乳房温存手術によって、乳房の一部だけを切除した人のために、切除した部分と同じ形の布製のパッドを作り、これまで使用していたブラジャーに縫いつけて仕上げてくれるメーカーもあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ