乳腺炎

乳腺炎とは、乳腺が炎症を起こしたもの

授乳期に乳汁が乳腺内にたまって起こる場合を「うっ滞性乳腺炎」といい、乳房がは腫れてかたくなリ、触ると痛みがあります。この状態から乳頭にばい菌が入って感染を起こすと「化膿性乳腺炎」となります。
うっ滞性乳腺炎よりも症状はさらに強く、乳房が赤く腫れ上がって激しく痛み、高熱が出ます。また授乳経験がなくても、「乳輪下膿瘍」といって、乳頭からばい菌が入って細菌感染を起こし、乳輪の下に膿のかたまりができることがあります。

治療

うっ滞性乳腺炎では、乳房マッーサージなどを行ってたまった乳汁を出します。化膿性乳腺炎は抗生物質や消炎剤で治療します。膿がひどくたまっている場合には、患部の皮膚を切開して膿を出す場合もあります。乳輪下膿瘍も患部の皮膚を切開して膿を出しますが、何度もくり返す場合は根本的な手術が必要になることもあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ