乳がん手術の入院前の注意点について【乳がん検診.com】
飾り線

入院前の注意点

ケガに注意しましょう

手術後しばらくは血液やリンパ液の流れが低下します。ケガをすると、それだけリンパ液の働きが必要になり、腕のむくみを助長するきっかけにもなる為、手術する側の手にケガをしないように、気をつけることが大切です。
むだ毛の処理などもカミソリを使わず、電動式のものを使ったり、除毛剤などで処理したほうがようでしょう。また、深爪をしないように気をつけ、調理や庭の手入れなどの家事でも、手や腕を傷つけないないように注意します。また、日射しの強い季節には直射日光などもできるだけ避けるようにしましょう。指のささくれをきれいにしておき、手の湿疹はできるだけ治しておきましょう。

乳房の異常に気が付いたら

乳房の手入れは、いつもと同じで構いません。ただ、しこりがはれたり、ただれた、うみが出たなどといった症状が出たときには、担当医に相談、報告してください。

過労や睡眠不足を避け体調コントロールを

睡眠不足と快適な朝日常生活では特別な注意はありません。ただ、体調を崩さないように過労を避けることが大切です。とくに睡眠を十分にとるように心がけましょう。夜眠れないときは、昼間、少し仮眠をとるのも一つの方法です。一定期間入院するということで、留守中の家事や仕事などが気にかかることでしょう。入院前に気がかりなことをすべて片づけてしまおうとすると、かえって疲労が重なり、体調を崩すことになります。留守の間のことは早めに引き継ぎをしたはうがいいのですが、やり残しがあっても、あまり気にかけないようにし、無理をしないことです。性生活は制限する必要はありませんが、必ず避妊をしましょう。妊娠した可能性がある場合は、早めに産婦人科で確かめ、医師か看護師に相談してください。

食事や運動について

食欲不振が続くときは、医師か看護師に相談しましょう。

食事と健康食事や食べ物の制限はありません。万全な体調で入院できるよう、体調管理しましょう。気持ちが落ち込んだりして、食欲がなくなりがちな場合には、消化が良いものや好きなものを食べましょう。どうしても食欲不振が続くときは、医師か看護師に相談してください。また、化学療法が予定されている人は、刺激の強い食品、辛いし食べ物、油っこい食べ物は避けてください。
高脂血症や高血圧、糖尿病などで治療中の人は、食事療法と運動療法を続けます。とくに運動は気分転換になります。体力を維持する上でも、いつものペースを守るとよいでしょう。ふだん運動不足がちの人は、散歩などを多めにするのもよいでしょう。
薬は手術に備えて中止することが必要な場合もありますので、使用している薬は市販薬や漢方薬なども含め、医師に報告して指示を受けてください。

スポンサードリンク

ページの先頭へ