入院手続きについて

入院申し込みの手順と必要な書類

①入院申込票を持って入院手続き窓口へ行きます

入院の申し込みをする時は、氏名、住所、病名、入院予定日や期間、入院時の処置・注意点などを主治医を書き込んだ入院申込票を持って、入院相談室や医事課など、入院手続きを行う窓口に行きます。

②説明を十分に受けます

入院中、差額ベッド代を支払う、少人数または一人用の病室に入るか、健康保険が適用される病室に入るかにより、入院費用に大きな差が生じます。治療の内容以外にも、お金の事などの説明を受け、病室を決めましょう。

③必要事項を記入して入院当日に提出

入院申込書と手術のための同意書、または誓約書のほか、入院案内をもらいます。医療施設によってはアンケート用紙を渡されることもあります。不明な点は質問しましょう。また、これら書類は自宅に持ち帰り、必要事項を記入して入院当日に提出します。

必要な品物は適確リストを作ってチェック

入院入院に必要な品物や面会時間などについては、あらかじめ外来、あるいは入院病棟の看護師から説明があるはずです。分からないことがあったら遠慮なく質問をしましょう。
入院費の支払法などについても、事前に開いておくとよいでしょう。
医療施設によっては入院時に一定の保証金が必要であったり、一定期間ごとに支払いが必要なところもあります。とくに差額ベッドを利用する場合は、費用が掛かります。
入院に必要な品物は、洗面用具、入浴用具、衣類、日用品、書類、健康保険証、筆記具、現金などです。下着や衣服は、手術後脱ぎ着がしやすいもので自分の趣味に合ったものを探しておくと、入院生活がいくらかでも快適になります。

入院中の衣類選びのポイント

胸帯

アンダーバストはややゆるめのほうが良い(手術後のブラジャー替わり)

 肌着

 吸湿性がよく、全体のサイズがゆったりしているもの。

ショーツ

特別制限はないが、きつすぎないもの

スポンサードリンク

ページの先頭へ