抗がん剤(化学療法)について。抗がん剤とは、がん細胞を殺したり細胞分裂を停止させることによって、がんの増殖を抑える薬です。【乳がん検診.com】
飾り線

抗がん剤

抗がん剤とは、がん細胞を殺したり細胞分裂を停止させる、がんの増殖を抑える薬です

抗がん剤とは、がん細胞を殺したり細胞分裂を停止させることによって、がんの増殖を抑える薬です。抗がん剤には沢山の種類がありますし、抗がん剤の種類によって作用の仕方も異なります。
抗がん剤は術前・術後の補助療法として使われるほか、進行した乳がんや再発した乳がんの治療に使われています。乳がんは抗がん剤が効きやすいがんといわれています。なお、抗がん剤には点滴薬と内服薬がありますが、血中濃度をコントロールしやすい点滴薬のほうが確実な効果が得られます。したがって、化学療法は点滴を中心に行われています。

術後の化学療法

化学療法1個のがん細胞が細胞分裂をして2個になるまでには、細胞外から多くのものをとり込まなければならなかったり、がん細胞に多くの負担がかかるなどして不安定な状態にあり、抗がん剤の効果が最も期待できる時期です。がんは時間の経過とともに育っていくわけですが、乳がんが発見されるころには、細胞分裂をしている細胞はごく一部であることが多く、大部分のがん細胞は休眠状態になっています。このとき抗がん剤を投与しても、休眠状態のがん細胞は生き残ってしまうので、やがてそのがん細胞は増殖を始めます。ところが、手術や放射線照射などによってがんを治療すると、微小ながんが増殖を始めると考えられています。このことは実験でも確認されています。このとき抗がん剤を投与すると、がん細胞が活発に増殖をしているので、効果的にたたくことができるはずです。そのような考え方にもとづいて術後の化学療法が行われています。
乳がんが乳管内にとどまっている0期の場合は、手術だけで治癒させることができ、抗がん剤によって得られるメリットがないため、術後補助化学療法を行いません。I期、Ⅱ期の場合には、ホルモン受容体が陰性の場合や、リンパ節転移が陽性の場合を中心に化学療法を行います。具体的な振り分けはザンクトガレン国際会議の合意事項が参考になります。また、腫瘍の大きい乳がんの場合には、術前補助療法として抗がん剤を投与すると、腫瘍が小さくなり、乳房温存療法が可能になる例が認められています。早期乳がんに対する術前の抗がん剤投与も、最近の大規模な研究の結果、術後補助療法と同等の効果があったと報告されており、術前抗がん剤治療が行われる頻度が増えてきています。

抗がん剤の注意点

抗がん剤の投与での注意点は、がん細胞だけでなく、正常な細胞にもダメージを与えてしまう事です。

多剤併用療法

一種類の抗がん剤を大量に投与すると、特定の副作用が強く出る可能性がある為、通常は複数の抗がん剤を組み合わせて使っています。これを、【多剤併用療法】と言います。
抗がん剤は、少量ずつ使うことによって副作用は少なくなり、1種類だけを使う場合より効果は高くなるとされています。

抗がん剤投与のサイクル

がん細胞は、一度ダメージを受けるとなかなか回復しませんが、正常な細胞はダメージを受けても、3週間ほどで回復してきます。そこで、抗がん剤の投与は、回投与、あるいは2週続けて投与したら、3週間休むというサイクルで行います。
抗がん剤投与を再度行う場合は、正常な細胞は回復していて、がん細胞にダメージが残っているタイミングで行います。繰り返し投与している間に、休眠していたがん細胞が活動し始めることがあり、その細胞も抗がん剤がたたくため、効果を高めることにつながると考えられています。投与と休みを数回繰り返すと、抗がん剤の効果は最大になります。しかし、やがて効果は頭打ちになり、副作用が強くなっていくので、投与期間は数カ月以内にすべきだとされています。

化学療法は最初の治療で最大限の効果を目ざす

抗がん剤は一般に、最初の治療のときほど効果が高いことがわかっています。最初の化学療法で生き残った癌細胞は、抗がん剤に対する抵抗性をもつ可能性が高いために、最初の抗がん剤治療が重要になります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ