乳がん危険因子には主にエストロゲンが関係しています。遺伝、肥満、たばこなど、危険因子について解説しています【乳がん検診.com】
飾り線

乳がん危険因子

1
初潮が早い
2
月経周期が規則正しい
3
月経周期が短い
4
閉経が遅い
5
出産未経験(含む未婚)
6
高齢出産
7
肥満
8
家族に乳がんの人がいる
9
良性の乳腺疾患の既往
10
子宮体がん、卵巣がんの既往
11
長期間、ホルモン補充療法を受けている
12
たばこ、飲酒

乳がん発症の多くは、女性ホルモンエストロゲンが関係しています。乳がんの多くはエストロゲンがなければ成長できません。

①~⑤について

生理に関係しています。たとえば統計的に白人はアジア人より乳がんになりやすいのですが、それは白人がアジア人より初潮が早く、閉ロゲンがたくさん作られ、体内のエストロゲン濃度が高くなり、乳腺もそれだけエストロゲンにさらされます。また、昔は4人、5人と子どもを産んでいました。その間生理はないわけですから、エストロゲンにさらされる期間は、その分だけ少なくなり、乳がんになるリスクも低かったのです。非婚や少子化などのライフスタイルの変化は、日本の女性のエストロゲンにさらされる期間が長くなったことを意味しています。

⑤出産未経験

単に生理の回数の問題だけではなく、授乳経験のない乳腺は、乳がんになりやすいことが知られています。出産しても乳腺炎や早期の職場復帰などの理由で母乳を与えなかった場合も、乳がんの頻度が高いといわれています。乳腺組織が急激に発達しますが、その時期が遅いと乳がんになりやすいと説明されています。

⑦肥満

脂肪と乳がんの関係はどうでしょう。実は脂肪摂取量は乳がんと関係ないという報告があり、議論になっています。しかし、閉経後、卵巣機能が衰えた後、エストロゲンは脂肪組織にある男性ホルモンが女性ホルモンに変換される形で供給されます。閉経前でも危険因子と考えるのが妥当でしょう。

⑧家族歴

遺伝による乳がんを家族性乳がんといいます。乳がん全体の5%ぐらいが家族性だろうといわれています。BRCAl、BRCA2という2つの原因遺伝子も見つかっています。
発症年齢は、75歳ぐらいまでに約80%の人が、50~60歳ぐらいまでに約40%の人が発症するだろうといわれています。家族性乳がんの特徴は若くして発症することです。さらに両側の乳房に相前後して発症する可能性が高いことも家族性乳がんの特徴です。

⑨~⑪既往歴

乳腺症の一部には乳がんとの関連が指摘されているものもあり、乳腺症の経験がある人は注意が必要です。また乳がんではなくても、エストロゲンを原因とする子宮体がんなどにかかった人は、乳がんになる確率も高くなるのは当然です。乳がんの経験者が再び乳がんになる確率は、乳がん未経験者の5倍といわれています。最後のホルモン補充療法についても同様です。エストロゲンを補充しているのですから、乳がんになりやすくなります。

⑫たばこ

アメリカの調査では、喫煙は乳がんとは無関係という結果が出ています。しかし、日本の厚生労働省は、閉経前の女性は、喫煙によって乳がんになるリスクが吸わない女性の約4倍になると発表しました。受動喫煙でも2・6倍になるとの事です。閉経後の女性では、喫煙と乳がんの関係ははっきりしなかったと報告しています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ