リンパ浮腫

リンパ浮腫とは、乳がん手術でわきの下のリンパ節を郭活した場合や、放射線治療を行った場合に、手術をした側の腕や手がむくむ症状です

リンパ節というのは、リンパ液が全身を巡っているときに通る開所のようなもので、ここで老廃物や細菌、ウイルス、がん細胞など身体の害となるものを取り除き、免疫物質を作っています。
手術でリンパ節を切除してしまっても、残されたリンパ管が役割りを果たそうとしますが、なんらかの原因で流れが悪くなることがあります。
流れが悪くなると付近の細胞のすき問に水分がたまっていき、むくんでいきます。この状態が長く続くと、細胞のすき間に線維性の傷あと組織ができて、皮膚が硬く、厚くなってしまいます。
そのほかに、放射線の照射を受けたときに、リンパ管がダメージを受け、リンパ浮腫につながっていくこともあります。一度むくむとなかなか治りにくいので、リンパ浮腫の予防を日常生活の中に取り入れてみてください。リンパ節を郭活した人全員がリンパ浮腫になるわけではなく、術後すぐになる人もいれば、数年後になる人もいます。

リンパの流れを良くする、リンパドレナージ

リンパ浮腫を改善させるために考案されたマッサージをリンパドレナージといいます。このように、リンパ節郭清をしても、リンパ液の流れが完全にせきとめられてしまうわけではありません。いくらかは流れていますので、その流れを助けてやればむくみを予防することができます。

リンパ浮腫に、ケガは大敵

リンパ節は細菌やウイルスの感染を防御しているところなので、郭活すると、感染を防ぐ力が弱くなります。そのため、ケガには注意が必要です。リンパ浮腫で水がたまっているところに、ケガなどによって細菌が侵入すると、合併症の【蜂寓織炎(ほうかしきえん)】になる可能性があります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ