乳がん検診の流れは、問診、視診、触診、マンモグラフィー、超音波検査と進んでいきます。検査の流れを知りましょう。【乳がん検診.com】
飾り線

乳がん検診の流れ

乳がん検診流れ

乳がんの疑いで受診したとき、最初に行われるのが問診と視診と触診です。次いで、マンモグラフィーと超音波検査が行われます。ここまでは、受診した人のほぼ全員に行われる検査です。この段階で乳がんの疑いがないと診断されると、安心できます。乳がんが疑われるなり、乳がんかどうか診断がつかないときは、組織診や細胞診が行われます。その結果によって確定診断をすることができます。

問診

問診ほとんどの医療機関で、あらかじめ問診票に記入するようになっています。問診票の記入項目は医療機関によって異なりますが、年齢、閉経しているかどうか、いつ何回出産しているか、授乳経験と期間、受診したきっかけ、その後症状に変化はないか、乳房の病気やそのほかの大きな病気をしたことがないか、母親や姉妹に乳がんの人がいないか、などがあげられます。続く医師による問診では、記入したことについて、さらに詳しく聞かれます。

視診と触診

視診では乳房とその周辺を観察して、乳がんの可能性が高いかどうかを診断します。乳房の皮膚の色が赤くなるなどの変化がないか、乳房が左右対称か、乳頭の牽引がないか、乳房にくぼみがないか、乳頭にびらんや湿疹がないか、乳房に異常なふくらみがないか、などを調べます。
触診では乳房とその周辺をふれて、乳がんの可能性を診察します。検査のポイントは、しこりの有無、しこりの大きさ、形、硬さ、くぼみがないか(しこりの周辺を手で寄せてみたとき)、乳頭からの分泌物の有無と分泌物の状態、わきの下や鎖骨の上にあるリンパ節のしこりの有無などです。

マンモグラフィー検査

乳がん検診.jpg
マンモグラフィーとは、乳房専用のⅩ線検査です。透明な2枚の圧迫板で乳房をはさんで、均一に薄く伸ばして撮影します。
検診のマンモグラフィーでは、左右の乳房をそれぞれ斜め横から圧迫して1枚ずつ撮影しますが、乳がんを疑って検査するときは、左右の乳房それぞれを縦方向からのものと斜め横方向からのもの、計4枚撮影します。縦方向と斜め横方向の撮影により、乳房の状態をもれなく知ることができます。
石灰化とは、細胞の市街や細胞の出す分泌物にカルシウムが沈着したもので、マンモグラフィーの画像では小さな白い点として映し出されます。ただし、石灰化のすべてが乳がんによるものではなく、多くは乳腺症など良性のものです。精密検査での石灰化のうち、乳がん由来の石灰化は約2割といわれています。

メリット

1.数ミリ程度の【超早期がん】の発見が可能です。しこりはもちろんのこと、しこりを伴わない微細な石灰化を映し出せます。

デメリット

2.乳腺が発達している若い方は、乳がんを鮮明に映し出すのが難しい

超音波検査

超音波とは人間の耳には聞こえない波長の音をいいます。その超音波を臓器や組織に当て、反射の状態を画像にして病気の診断をするのが超音波検査です。

あおむけに寝た姿勢で、乳房にジェルを塗り、プローブ(探触子)を当てて動かしながら、得られる画像を見ていきます。ほとんどのしこりが黒っぼく映し出されるので、その形や大きさなどを知ることができます。高性能の超音波診断装置であれば、自己検診では発見できない、数ミリのしこりを発見することも可能です。

メリット

1.若い人は乳腺が発達していて、マンモグラフィーでは乳がんを鮮明に映すことがむずかしいのですが、超音波検査は年齢による差がありません。
2.マンモグラフィーはⅩ線で撮影するので、被曝の点で、若いころからたびたび行うことには問題があります。超音波検査ではその心配もないので、若い人の乳がん検査として特に有用です。
3.検査の際の痛みがない。

デメリット

1.石灰化の検出には向いていない。
2.乳房が非常に大きい人は、乳がんが見つけにくい傾向がある

スポンサードリンク

ページの先頭へ