遠隔転移と検査

症状があるからと言って、必ずしも乳がんの遠隔転移とは限りません。不安なときは主治医に相談することが大切です

遠隔転移を発見するために次のような画像診断が行われます。

胸腹部のCT

胸から上腹部にかけてCT(コンピュータⅩ線断層撮影)を撮ることによって、肺や肝臓の転移を見つけることができます。

骨シンチグラフィ

弱い放射線を出す物質を静脈注射して、骨に吸収されたところをⅩ線撮影します。

脳のCT、MRI

脳の断層撮影をして遠隔転移を捜します。これらの画像診断のほか、血液検査の腫瘍マーカーを使う医療機関もあります。遠隔転移発見の検査は生存率およびQOL(人生の質)を向上しないことが,臨床試験によって証明されています。そのため乳がんの国際ガイドラインは、各種Ⅹ線検査や腫瘍マーカーからなる遠隔転移の検査は勧めていません。

遠隔転移の症状について

遠隔転移で症状が出た場合は、患者さんが苦しくならないようにすることが最も大切です。早期の遠隔転移の場合、自覚症状はほとんどありません。

局所再発
手術部位や首にしこりができる
肝転移
だるさ、食欲不振が続く
骨転移
しぶとい痛みが続く
脳転移
めまい、目のぼやけ、頻回で重い頭痛、歩行障害などが続く
肺転移(胸膜播種)
肺を取り巻く胸膜にがんが転移する「胸膜播種(きょうまくはしゅ)」になると痛みが起きたり、胸水のため呼吸が苦しくなります。肺転移のみの場合、症状はありません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ