乳がん症状について。乳がん症状を知り、日々の乳がんチェックに役立て、気になる症状がある場合は検診を受けましょう【乳がん検診.com】
飾り線

乳がん症状

乳がん症状一覧

1.しこり 2.痛み 3.分泌物 4.湿疹、びらん 5.くぼみ 6.皮膚色

1.しこり

最も多い、乳がん発見の症状が、乳房内のしこりです。乳がんのしこりは、かたい、表面がざらざらしている、動かないなどの特徴があるといわれていますが、これにあてはまらないしこりもあります。しこりがあるから乳がんではなく、良性のしこりが大半を占めます。

2.月経周期に関係なく起こる痛み

月経直前には女性ホルモンの分泌が多くなるため、乳房に張りや痛みを感じることがあります。しかし、月経に関係なく痛みが2~3カ月続くときは、乳がん、乳腺炎、乳腺症、肋間神経痛などが原因になっていることがあります。小さな乳がんのしこりは直接痛みの原因にはなりませんが、がんが周囲を圧迫すると痛みが生じます。

3.血性乳頭成分

乳がんが原因で、乳頭から血の混じった分泌物が出る場合があります。ただし、両側の乳頭から出る乳汁のような分泌物は、ホルモンのバランスが崩れたり、降圧薬をはじめとする薬の作用などで起こることがありますが、この場合は心配の必要はありません。

4.乳頭の湿疹やびらん

乳頭に湿疹やびらんができても、副腎皮質ホルモンの軟膏ですぐ治る場合は心配ありません。しかし、何度も繰り返す場合には、バジェット病という特殊ながんである可能性あります。

5.皮膚のくぼみ

乳がんが皮膚の近くに達すると、皮膚が引っ張られ、えくぼ状のくぼみができます。最初は腕を上げたときや乳房をつまんだときなどにみられますが、進行すると、腕を下した状態でも分かるようになります。

6.皮膚の色の変化

乳房の皮膚が鮮紅色に変化するのは、ほとんどが乳腺炎によるものですが、暗赤色やうっすらと赤い場合は、炎症性乳がんである可能性があります。このがんは発生率は低いのですが、発見の時点ですでに進行していることが多いので、すぐに受診が必要です。また、おとなしいがんであっても、進行すると赤くほれたり、オレンジの皮のように毛穴がブツブツしてくることがあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ