乳房の構造について。乳がんのメカニズムなどを知るには、乳房の構造を知る事が大切です【乳がん検診.com】
飾り線

乳房の構造

乳房の構造図解乳房の構造図解乳房は皮膚の付属器官で、皮膚と乳腺と脂肪からできています。乳腺は15~20個あり、それが乳頭を中心に放射状に伸びています。それぞれの乳腺は乳房の中に枝のように広がっていて、枝の先にはぶどうの房を思わせるような小葉がいくつもついています。
乳腺組織をブドウにたとえて説明しましょう。まず、母乳を分泌する乳腺細胞の集まりが腺房です。腺房はいわばブドウの1粒1粒にあたります。腺房が集まったものが小葉と呼ばれる部分で、これはブドウの房と考えればいいでしょう。小葉から乳頭まで母乳を運ぶ管が乳管(腺管)で、これはブドウを食べ終わった後に残る細かく枝分かれした茎の部分です。普通、乳腺(1房のブドウ全体)が乳頭を中心に放射状に15~20個並んでいます。小葉は乳腺細胞が集まってできた腺房の集まりであり、乳汁はここでつくられています。つくられた乳汁は小葉から細い乳管に流れ込み、さらに太い乳管に集まって、乳頭まで運ばれます。この全体を乳腺組織と総称しています。妊娠すると女性ホルモンの作用で乳腺が発育し、出産すると乳汁分泌ホルモンが働いて、乳腺は母乳を作り始めます。赤ちゃんが乳頭に吸いつくと、その刺激で乳腺の周囲の筋組織が収縮し、母乳を絞り出すという仕組みになっています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ